もうコンビニのコーヒーマシンはお呼びではない

もうコンビニのコーヒーマシンはお呼びではない

今日こそはと決心して頑張ろうと思ってたことがあったのに、
後ろに並んだサラリーマンによって諦めることになってしまった。

 

何の話かというと、実はコンビニのコーヒーの話。
レジ前に置いてある「自分でカップにいれるコーヒーマシン」のこと。
みんな飲んでいるのに自分はまだ飲んだことが無い。
小心者だからいつもレジ前の商品を買うのが苦手で、今回のようにコーヒーが欲しくても缶コーヒーか、
チルドタイプのカフェラッテしか買うこことが出来なかった。
でも一度くらいは挑戦しておかないと永遠に恥ずかしい思いをすると考えて、
今日は勇気を出してコーヒーマシンの前に立ったのだった。
ところがコーヒーマシンの前に立った瞬間にサラリーマン達が後ろに並び始めてあえなく断念。
サラリーマンから使って良いの?なんて言われてしまって
「あ、お先にどうぞ」と。心の中で邪魔しないでくれよ!と思ったけれど仕方が無い。

 

それでもう一回チャレンジしようかなと思ったけれど店員さんがジーッと見てきたので結局中止。
店員さんも、あの人はコーヒーが飲みたいのかな?と思っただろう。
気配を感じたと思う。でも、たったこれだけのことなのに心が折れてしまった。
どれだけ小心者なのかと自分でも思う。
その後、何も買わずに店から出るのも嫌だったので140円ほどのチルドなカフェラッテを買って帰った。
実際は何もしていないけれど、大きな仕事した後のカフェラッテは格別の味がして最高に美味しかった。
本当に140円なのかと思った。コーヒーマシンを使えなくても案外大丈夫そうな気がしてきた。

 

車に乗ってコンビニの駐車場から出た時、何故か悩みが消えてスッキリしていた。